Featured Video Play Icon

【動画】感動!フェデラーvsチリッチウィンブルドン2016-ABCテニスムービー

cropped-cropped-abc_tennismovie_logo100x100-1-2

イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の第9日、男子シングルス準々決勝。

ウィンブルドンで8度目の優勝を目指すロジャー・フェデラー(スイス)の挑戦は続いている。

第3シードのフェデラーは第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に対して2セットダウンから挽回し、途中3つのマッチポイントをしのぎつつ5セットの戦いを制して11度目のウィンブルドンの準決勝に進出した。

絶対的に必要な瞬間にベストのプレーをしたフェデラーは、2014年の全米オープン準決勝で彼をノックダウンしたチリッチに対して27本目のサービスエースを決め、6-7(4) 4-6 6-3 7-6(9) 6-3で試合を終わらせた。

フェデラーが2セットダウンの劣勢を巻き返して5セットで勝ったのは、その長いキャリアを振り返ってもこれが10度目のことだ。これは彼にとってウィンブルドンでの80試合目であり、ジミー・コナーズ(アメリカ)とタイの記録。フェデラーはまた11度目のウィンブルドン準決勝進出ということでも、コナーズと並ぶ記録となった。

「体を試しながらまたコートで戦い、自分の肉体とも戦いながらの勝利は、信じられないもの。感情的になるような勝利だった。」と語るフェデラーは、1972年の全豪オープンをK・ローズウォール(オーストラリア)が37歳で制して以来となる最年長でのグランドスラム優勝を目指す。

肉体を駆使して戦い続けるフェデラー。

いつまでも彼の勇姿を見ていたい。このまま決勝まで突っ走り、マレーとの決勝を見ることができれば
またテニスファンの熱い心を揺さぶるだろう。

では、フェデラーvsチリッチのハイライト映像をご覧ください!

動画引用:ウィンブルドンオフィシャル動画ページ
https://www.youtube.com/channel/UCNa8NxMgSm7m4Ii9d4QGk1Q