Featured Video Play Icon

【動画】ATP公式サイトが、2018年アップセット(下剋上)5選発表!

cropped-cropped-abc_tennismovie_logo100x100-1-2

男子テニス協会のATP公式サイトが、2018年に行われたATPツアーから、5つのアップセット(下剋上)を発表しました。今日は、その中でも特に印象的だった2つの下剋上を紹介します。

まずは、6月のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ/芝/ATP500)決勝で、B・チョリッチがR・フェデラーを7-6,3-6,6-2のフルセットで破って、大会初優勝を決めた試合です。

この時、21歳、世界ランク34位だったチョリッチは、1回戦でA・ズベレフを6-1,6-4のストレートで破って勢いに乗ると、バシラシヴィリ、セッピ、バウティスタアグを連破して、決勝に進出。そして3度目の挑戦で初めてフェデラーに勝利しました。

チョリッチはこの後、上海マスターズ準決勝でもフェデラーを破ってマスターズ1000初の決勝進出、そしてデビスカップでもクロアチアの優勝に大きく貢献する活躍を見せました。

そしてもう1つは、S・チチパスが初出場で快進撃を見せた8月のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント/ハード/ATP1000)が選ばれました。

この時、19歳で世界ランク27位だったチチパスは、1回戦でティーム、2回戦でジョコビッチ、準々決勝でズベレフ、準決勝でアンダーソン、と、トップ10プレーヤーを4人連続で破り、マスターズ初の決勝進出を果たしました。自身20歳の誕生日に行われた決勝戦では、2-6,6-7で惜しくもナダルに敗れましたが、マスターズで初めての準優勝となりました。

この時チチパスは、「予期していなかった。成績が出るのはもっと先のことと思っていた。」と驚きを語っていました。

チチパスはこの後、10月のイントゥルム・ストックホルム・オープンでギリシャ人として初めてのツアー初優勝を飾り、最後のネクストジェネレーションATPファイナルズも制覇、大躍進の1年となりました。

ちなみにあとの3つは、3月のマイアミ・オープン1回戦で、T・コキナキスがR・フェデラーを破った試合と、4月のハッサン2世グランプリで、世界ランク617位、地元モロッコのL・オウアハブが、第3シードのP・コールシュライバーに勝利した試合と、10月のスイス・インドア・バーゼルで、M・コピルがM・チリッチとA・ズベレフのトップ10選手2人を撃破した試合が選ばれています。

それでは、下剋上試合、チョリッチvsフェデラー、チチパスvsジョコビッチ、ズベレフ、アンダーソンの4試合のハイライト映像をご覧ください!

 

 

 

 

【デニムに合うテニスウェア】
人気ユーチューバーテニスのゴンちゃん&マチュー先輩も着用!
カタカナTシャツ ABCオリジナルス

【マチュー先輩×ABCスポーツ】激安ポリロールガット
ストロングシルバー
http://www.abc-sports.co.jp/item/101335

【最新モデルが半額販売】
ABCスポーツ

【売上ランキング1位】グリップテープが1本100円を切る
1日350本販売の実績があるグリップ  http://www.abc-sports.co.jp/item/abc-overgrip01


人気ブログランキングへ