Featured Video Play Icon

【動画有り】錦織、死闘制す!大坂も逆転勝ち!共に8強進出!

cropped-cropped-abc_tennismovie_logo100x100-1-2

テニスの全豪オープン(メルボルン/ハード/グランドスラム)は21日、男子シングルス4回戦が行われ、
第8シードの錦織圭が第23シードのP・カレノブスタを6-7,4-6,7-6,6-4,7-6の大逆転で破り、辛くも2016年以来3年ぶり4度目のベスト8進出を果たしました。

第1セット、チャンスがありながら生かせずに落とすと、第2セットも序盤でブレークされ、セットカウント0-2の崖っぷちに追い込まれます。苦しい錦織は第3セットも第5ゲームでブレークされて敗退ムードが漂います。

しかし、直後の第6ゲームをブレークして息を吹き返すと、崖っぷちのタイブレークを制し、反撃を開始します。勢いづいた錦織は第4セットも取り、勝負はファイナルセットに持ち込まれます。

ファイナルセットも大接戦。先にブレークして5-3とサービングフォーマッチを迎えますがそれを逃し、スーパータイブレークに突入します。タイブレークではリードを奪われ、5-8と厳しい状況に置かれますが、驚異の粘りで逆転。最後はワイドへのサービスエースを決めて試合終了。5時間5分の死闘を制し、準々決勝進出を決めました。錦織は試合後、「今日は集中しすぎていて、終わった後に5時間越えと聞いてびっくりした。」とコメントしましたが、驚異の集中力を発揮していたのが伺えます。

次戦の準々決勝は、第1シードのN・ジョコビッチと対戦します。今回が18度目の対戦。現在14連敗中の2勝15敗です。体力的にはきつそうですが、素晴らしいメンタリティを発揮しているので、是非とも連敗を止めて欲しいです。

そして、女子第4シードの大坂なおみは、第13シードのA・セバストバを4-6,6-3,6-4の逆転で破り、自身初の全豪オープンベスト8進出を果たしました。日本人女子では、2000年の杉山愛以来19ぶりの8強入りとなりました。準々決勝では第6シードのE・スイトリナと対戦します。過去2勝3敗で現在2連敗中ですが、大坂は「今はすごく良い感じ。次はちょっと難しいけど、自分を信じている」と意気込みを語っています。

それでは、錦織と大坂の4回戦ハイライト映像をご覧ください!

 

 

ズベレフを圧倒したラオニッチの試合もどうぞ!

 

【デニムに合うテニスウェア】
人気ユーチューバーテニスのゴンちゃん&マチュー先輩も着用!
カタカナTシャツ ABCオリジナルス

【マチュー先輩×ABCスポーツ】激安ポリロールガット
ストロングシルバー
http://www.abc-sports.co.jp/item/101335

【最新モデルが半額販売】
ABCスポーツ

【売上ランキング1位】グリップテープが1本100円を切る
1日350本販売の実績があるグリップ  http://www.abc-sports.co.jp/item/abc-overgrip01


人気ブログランキングへ